読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがスキーへ連れていく!!2014-2017二回目スキー挑戦の親子ブログ

※スキー・スノボ初心者の母親(管理人)が、男手なしでどうにかして一人で、自分のこどもたちをゲレンデにつれて行くサイトです。ちなみに管理人の住むのは、積雪ほぼ毎年ゼロの、国内有数の温暖な気候地域です。

ぐりんぱに行ってきた~その9(外国人にも魅力的なぐりんぱ、難しかったココドコ まとめ)

外国人観光客

休憩所で談笑するフィリピン人女性たち。

セルカ(自撮り棒)で富士山と撮影する

韓国人グループ。

そりで遊ぶ欧米系のご家族。

日本人が思う以上に

富士山の近くで遊べるのは、

外国人には魅力的なのかも。

がんばれ、ぐりんぱ

もっと改良の余地あり!

f:id:mamatoski:20150215223644j:plain

ココドコ

スケート靴に締め付けられた足も痛くなってきたころ…

こどもたちが

ココドコ行きたい!」

バスの出発まで時間を潰すはずが、

甘くみてました。

難しい、コレ!(゚ν゚)

時間を潰すどころか、

出発時間に間に合わないおそれのため

泣く泣く途中でリタイヤ。

(一人400円ですよ)

係の人に言って、

全部クリアする前に、

入口から外に出ました。・゜・(ノД`)・゜・

f:id:mamatoski:20150215162540j:plain

f:id:mamatoski:20150215162132j:plain

ぐりんぱ~まとめ

現地は寒い。

 帽子はあった方がいいです。

スケートでは手袋とともに着用義務。

ただ、

リンクで帽子を被ってない

女性たちもいました。

ヒッププロテクターや、

ニーガードも持参しましたが、

使用せず。

着替えも次女のパンツ以外は

使わなかったので、

余分な荷物をけっこう

持って行ったことに。

 

荷物はコインロッカーに預けるべきでしょうが、

貴重品だけ預けて、

着替えなどは休憩所の隅に置いてました。

幸い盗まれなかったけど、

私は本来チキンハートな女なので、

内心ドキドキ。

ゴミ用ビニール袋はもっとたくさん持ってれば

安心だったかな。

バスや施設内でも、

ゴミ箱を探してられない時もあるので。

あとお茶やお水を持参すれば

よかった。

使ったお金

  • アーバス代金(往復バス料金と入園券、親子三人)16300円
  • スケート靴のレンタル料金(1000円×3足)3000円
  • 昼食代 三人 2450円
  • ココドコ入場料(400円×3人)1200円
  • コインロッカー 200円
  • ペットボトルの飲み物 160円170円 
  • 焼き芋 200円(美味しかった)

合計 23680円


 

f:id:mamatoski:20150202210124p:plain

私:アラフォーシングルマザー。趣味はジャズダンスクラシックバレエ、読書、映画鑑賞・・・と筋金入りのインドア派スキーもスノボも未体験。 運動神経自信なしだが、体力はそこそこあるかも。

f:id:mamatoski:20150203050622p:plain

長女:小学三年生。 スキー・スノボ未経験。雪遊びは2歳のときに山形県蔵王ライザーワールドでそりに乗ったことが一度。 運動神経そこそこ自信あり。しょっちゅう妹に泣かされている。ガラスのハートの持ち主。

f:id:mamatoski:20150203050826p:plain

次女:5歳。スキー・スノボ・雪遊び未体験。 食欲旺盛。韓流ドラマ好き。運動神経は未知数だが逃げ足はゴキブリ並みに速い。

当ブログは一部、アフィリエイトを使用しています。このブログでご紹介した商品についてのお問い合わせは販売元へお願いします。