読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがスキーへ連れていく!!2014-2017二回目スキー挑戦の親子ブログ

※スキー・スノボ初心者の母親(管理人)が、男手なしでどうにかして一人で、自分のこどもたちをゲレンデにつれて行くサイトです。ちなみに管理人の住むのは、積雪ほぼ毎年ゼロの、国内有数の温暖な気候地域です。

2017スキー(富士山の麓のゲレンデ、イエティにて)ツアーに参加しての反省点ほか

知らなかったんですけど、クロックスでスノーブーツあるんですね!ヤフオクでたまたま見つけました。いや、知らなかった。

 

 

ちなみにヤフオク利用するなら、ハピタス経由でヤフオク利用すると、出品したときは落札された金額、落札したときは払った金額の現在1パーセントがポイントで付くので、ハピタスで経由して利用がおすすめです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

さて、今回は2回目のイエティでした。

そして、はじめて自分一人でこどもたちを連れてツアーバスで行ってきたので、今回のスキーでようやく・・・

 

「ママが(一人で)スキーへ連れ行く!!」

 

が達成できました!

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

前回は、高校のときからの友人親子と一緒で、あちらもママプラスこども二人、ウチと合わせて総勢6名だったんで、にぎやかだったんですね。

 

で、今回は我が家だけで、長女はかなり不安がってました。

「(大人が)ママひとりで大丈夫なの・・・?」って。

 

・・・信用ないなあ。

まあ、今回も反省点からはじめましょう。

 

f:id:mamatoski:20170130094049p:plain

スキーツアー2017年の反省その1:ツアー代金の振込は余裕をもって

 

年末でのバタバタの時期とはいえ、富士山ツアーさんからは「ツアーの決行が決まりましたよー、入金お願いね♥(要約すれば)」という趣旨のメールと、あとお電話もご丁寧にかけていただきました。

 

 

なのに、まあ、いつもながらのことですが、支払いはギリギリに伸ばす私。

気が付けば、もう、今、今!入金しないと!という事態に。

 

コンビニだったら手数料が無料だったのに、そのコンビニに行く余裕すらなく、銀行で入金しました。

手数料がもったいない。

 

反省その2:コインロッカーは荷物用と下足用と分けて使用してもよかったなあ・・・。

これは人それぞれでしょうが、今回、一番大きな反省はこれかな。

f:id:mamatoski:20170130094743j:plain

とりあえず、着替えなんかの荷物用に、更衣室内のコインロッカー(たしか300円だった気がする)をひとつ、使いました。

 

で、自分と娘二人の荷物と履いてきたブーツ(娘ふたりは普通のショートブーツ、私はスニーカータイプのスノーシューズ)を中に押し込み、鍵をかけてから、ふと、思いました。

 

「スキー板とスキーブーツをレンタルするのに、レンタルのカウンターまで何を履いて行けば?」

 

・・・ロッカーを一度開けたら、閉めるのにまたお金がかかります。

というわけで・・・

 

はだし(厚地の靴下履いてるけど)で行きました!

 

いや、雪のせいか、土足の場所もわりときれいなんですよ・・・。

でもね、やっぱりイヤです。

 

かといって、着替えの前に先にスキー板とブーツとストックを借りるには、荷物が・・・。

 

で、更衣室も広さにそんなに余裕がわけでもないので、先にスキー板とか借りてしまうと、どこに置いとくのってカンジになりそうです。

 

だから、やっぱり着替えが先かなって感じだっだので、次回は、とにかく下足用の靴は、更衣室の外にあるコインロッカー(たしか200円)を、着替えのロッカーとは別に借りて、スキーが終わって雪遊びのときや食事のときには、靴を変えられるようにしようと思いました!

 

 結局、スキーのあとの食事や、雪遊びの時間もずっとレンタルしていたスキー用のブーツを履いて帰りまですごしたんですけど、これ、歩きにくいんですよ。硬いし。

 

まあ、べつに違和感というほどじゃないし、おとなだったら我慢出来る程度でしょう。こどもも、小学生くらいなら、まあ、このままでもいいかという感じではありましたが、スノーブーツでいたほうが、快適だっただろうと思います。

 

なので、ツアーの手数料はケチっても、ロッカー代はケチらなくてもいいかな・・・と思いました!

 

おもな反省といえば、今回はそのくらいでしょうか。

 

それよりも、「親子3人だけだけど・・・少人数でよかった!」と思うことがありました。

 

それは、スキースクール。

 

前回は先生ひとりに対して、同行した友人親子3人も入れて6人の生徒で教えてもらいましたが、今回は先生ひとりに対して、我々親子3人。

 

単純に生徒が少ないほうが、先生の目も届きやすいですし、進み具合も早い。

 

前回は「転んでばっかだったなあ」「滑ってたというより雪の斜面と格闘してたなあ」という感じでした。

 

今回は、ようやく「スキー・・・滑った」というところまで、私はイケました。

 

スキーね・・・楽しいと思います。

 

簡単じゃないからこそ、楽しい。

 

これが上手だったら、もっと爽快感もあるんでしょうね。

 

先生ともけっこうお話できて、次回は、先生から聞いた話も含めて、スクールでのスキーのこと、私見ですがコツとかを書きますね。

 

f:id:mamatoski:20170130094325j:plain

 

f:id:mamatoski:20150202210124p:plain

私:41歳シングルマザー。趣味はジャズダンスクラシックバレエ筋金入りのインドア派スキーは2015年、イエティで初体験。スノボは未経験。 運動神経自信なしだが体力はそこそこあるかも。

f:id:mamatoski:20150203050622p:plain

長女:小5。 スキーは2015年イエティにて初体験・スノボ未経験。運動神経そこそこ自信あり。しょっちゅう妹に泣かされている。ガラスのハートの持ち主。

f:id:mamatoski:20150203050826p:plain

次女:7歳。スキーは2015年イエティにて初体験・スノボ未体験。食欲旺盛。韓流ドラマ好き。運動神経は未知数だが逃げ足はゴキブリ並みに速い。
 
 

当ブログは一部、アフィリエイトを使用しています。このブログでご紹介した商品についてのお問い合わせは販売元へお願いします。