読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがスキーへ連れていく!!2014-2017二回目スキー挑戦の親子ブログ

※スキー・スノボ初心者の母親(管理人)が、男手なしでどうにかして一人で、自分のこどもたちをゲレンデにつれて行くサイトです。ちなみに管理人の住むのは、積雪ほぼ毎年ゼロの、国内有数の温暖な気候地域です。

ぐりんぱに行ってきた~その3(次女ピンチのトイレ休憩)

ぐりんぱ(静岡県)

到着までは休憩一回それも15分もなし。次女ピンチ。

スキーウェアを着てきたのは、

うちら親子だけ?

集合場所にきた人たちは、

普通に街を歩いているような格好に見えました。

一緒に行く友人親子も、

上半身はウェア、

でもボトムは普通のパンツっぽい感じ。

(のちほど、ぐりんぱについた時に、

入場で待たされた友人が寒い寒いと呟くので、

やはり最初からウェアを着て正解かも

と思いました。)

途中、富士宮駅で

そこから乗車するお客さまを乗せて出発。

到着直前、

次女が眉間にシワをよせ、

せっぱつまった表情で

「しっこ~。」

うおぉい!!ヽ(;▽;)ノ

 思わず知らん顔しましたよ、わたし。

でも次女に罪はない。

なにしろ静岡駅前でも出発直前、

すぐそばのビルのトイレで、

ちゃんと便器に座って

それでも出なかったのですから。

 

f:id:mamatoski:20141229095032j:plain

幸いにもすぐ富士宮駅に到着。

次女の手を引き

トイレへ!

http://www.fujiyama-tour.jp/image/map/yeti-fujinomiya.JPG

トイレは古く小さく、

たしか個室は2個くらい。

次女を便座に座らせ(幸い洋式)、

用を足させる。

トイレ休憩はその一回のみ。

途中サービスエリアに停まることもなし。

時間は15分もなく、

10分少々…だったかと。

今回の反省

1.道中こどもにはつまらない味のお茶や白湯を飲ませるべし。

自宅にあったジュースのペットボトルを持参して、

与えていたのが間違い。

がぶがぶ飲むなと言っても、

普段あまり飲ませてもらえない飲み物がうれしく、

小さい子は飲みすぎてしまうもの。

ましてや膀胱も小さい。

 

2.紙オムツを履かせてれば、より安心。

これは異論もあるかもですが、

そう思います。

次女は普段おもらし、おねしょもなし。

だけど今回、

少しパンツが濡れてました。

個室の外に出て、

替えのパンツを履かせましたが、

時間はない、場所はせまいので、

焦りました。

出発時間に遅れずに戻れたときは

グッジョブ”!自分

てな感じでした。

 


 

f:id:mamatoski:20150202210124p:plain

私:アラフォーシングルマザー。趣味はジャズダンスクラシックバレエ、読書、映画鑑賞・・・と筋金入りのインドア派スキーもスノボも未体験。 運動神経自信なしだが、体力はそこそこあるかも。

f:id:mamatoski:20150203050622p:plain

長女:小学三年生。 スキー・スノボ未経験。雪遊びは2歳のときに山形県蔵王ライザーワールドでそりに乗ったことが一度。 運動神経そこそこ自信あり。しょっちゅう妹に泣かされている。ガラスのハートの持ち主。

f:id:mamatoski:20150203050826p:plain

次女:5歳。スキー・スノボ・雪遊び未体験。 食欲旺盛。韓流ドラマ好き。運動神経は未知数だが逃げ足はゴキブリ並みに速い。

 

当ブログは一部、アフィリエイトを使用しています。このブログでご紹介した商品についてのお問い合わせは販売元へお願いします。