読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがスキーへ連れていく!!2014-2017二回目スキー挑戦の親子ブログ

※スキー・スノボ初心者の母親(管理人)が、男手なしでどうにかして一人で、自分のこどもたちをゲレンデにつれて行くサイトです。ちなみに管理人の住むのは、積雪ほぼ毎年ゼロの、国内有数の温暖な気候地域です。

ぐりんぱに行ってきた~その8(ぐりんぱ内のれすとらんどんぐりん)

ぐりんぱの休憩所・レストランどんぐりん

わたしたちが利用したのは、

スケート場のすぐそばの休憩所と

レストランどんぐりん。 

f:id:mamatoski:20150215144805j:plain

レストランどんぐりんは、

セルフサービス。

自販機で食券を買います。

トレーを自分で取り、

箸やスプーン、

水など飲み物は自分で準備。

食事の受け取りは一階のキッチンカウンター。

食べるスペースは一階と二階に。

 今回わたしたち親子が頼んだメニューは、

キッズメニューのラーメンだったか、

カレーだったかもう忘れましたが、

各800円。

それと、大人のわたしが頼んだメニュー

(なんだったか忘れました。

自分の記憶力のなさに自分もひきます)

が850円。

親子三人で2450円です。

調理カウンターの前で料理の順番を待っていると、

友人が

「なんかさ…

従業員の動きがスゴイゆったりしてない?」

言われてみると…

たしかに。

 料理を盛り付けているスタッフは、

全員わたしたち二人(アラフォーていうか、もうアラじゃない)よりも

若くて清潔感のある真面目そうなかたたち。

ですが動きが

「もしかして研修中?」

と思ってしまうくらい、

なんかたどたどしい。

よく言えば優雅。

悪く言えば、

てきぱきとは程遠い。

こういうところに、

慣れた感じのおばちゃんとかがいればまた、

違うのかもしれません。

 

f:id:mamatoski:20150215142022j:plain

画像は二階のレストランスペースの様子。

(まだお昼前でガラガラ)

富士山絶景ポイントらしいのですが、

窓ガラスは結露のため、

富士山どころか

外の景色もちゃんと見えないありさま。

見えにくいですが画像手前の高くなった段をあがると、

靴を脱いでくつろげる休憩スペース。

小さい子連れにはありがたい。

食べ物持ち込みOK。

f:id:mamatoski:20150215145003j:plain

f:id:mamatoski:20150202210124p:plain

私:アラフォーシングルマザー。趣味はジャズダンスクラシックバレエ、読書、映画鑑賞・・・と筋金入りのインドア派スキーもスノボも未体験。 運動神経自信なしだが、体力はそこそこあるかも。

f:id:mamatoski:20150203050622p:plain

長女:小学三年生。 スキー・スノボ未経験。雪遊びは2歳のときに山形県蔵王ライザーワールドでそりに乗ったことが一度。 運動神経そこそこ自信あり。しょっちゅう妹に泣かされている。ガラスのハートの持ち主。

f:id:mamatoski:20150203050826p:plain

次女:5歳。スキー・スノボ・雪遊び未体験。 食欲旺盛。韓流ドラマ好き。運動神経は未知数だが逃げ足はゴキブリ並みに速い。

当ブログは一部、アフィリエイトを使用しています。このブログでご紹介した商品についてのお問い合わせは販売元へお願いします。