読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママがスキーへ連れていく!!2014-2017二回目スキー挑戦の親子ブログ

※スキー・スノボ初心者の母親(管理人)が、男手なしでどうにかして一人で、自分のこどもたちをゲレンデにつれて行くサイトです。ちなみに管理人の住むのは、積雪ほぼ毎年ゼロの、国内有数の温暖な気候地域です。

ぐりんぱに行ってきた~その4(ぐりんぱのそり遊び)

雪がない…?

バスに乗っている間、

ぐりんぱ周辺に雪が見当たらないことで

我々一行は不安に。

富士山二合目なのに。

f:id:mamatoski:20150215225741j:plain

入場券はたとえツアーチケットでも入口で並んで引換え

アーバスのガイドさんにわたされた紙を

入場口で係の人に見せ、

最初からスムーズに入場できるかと思いきや、

窓口で初めてお金を払うお客様たちと同じく、

入園券売り場に並ぶようにとのこと。

用紙を入場券と引き換え。

列に並ばず、

バスを降りてそのまま入場とはいかないようです。

先に入場料込でお金を払うツアーの特典で、

もうすこしどうにかできるのでは?

 入園券の窓口は二つ。

どちらの列に並んでもいいのですが、

誘導してくれる係の人がおらず

並んでいるひとたちのモラルが求められます。

並んでいる間、

下半身ウェアを着ていない友人は

「寒い…」

と呟いてました。

f:id:mamatoski:20150213080155j:plain

入場券売り場に置かれたジバニャン

f:id:mamatoski:20150103012149j:plain

なんかおどろおどろしい。

ぐりんぱのソリ遊び

雪遊びをするのは

シルバニアヴィレッジエリア。

M78ウルトラマンパークエリアや

ココドコエリアも

入るだけならフリー。

f:id:mamatoski:20150213082157j:plain

すでに何度か

そり遊びを経験している友人が、

「今日は危ない。」

誘導係がたとえば年配の怖いおじさんだと、

皆気をつけるから

危なくないとか。

若くてあまり注意しない人が係だと、

滑って止まった場所から

そのまま斜面の上に登ろうする人がいて(こどもに多い)、

大変危険だそう。

<

 

次女はそりデビュー。

最初、怖いからやらないと言ってたけど、

他の人が滑っているのを見て

やりたくなったのか、

わたしと一緒に3回滑りました。

思いのほか楽しかったのは、

わたしも同じ。

f:id:mamatoski:20150103014245j:plain

ソリはしっかりしたものを持ってきた方がいいです。

(友人が二つ持ってきて貸してくれました)

我が家から持参したそりは、

f:id:mamatoski:20150103015524j:plainです。

これだと躊躇してしまうくらい、

しっかりとしたぐりんぱのそりゲレンデでした。

f:id:mamatoski:20150112132102j:plain

f:id:mamatoski:20150202210124p:plain

私:アラフォーシングルマザー。趣味はジャズダンスクラシックバレエ、読書、映画鑑賞・・・と筋金入りのインドア派スキーもスノボも未体験。 運動神経自信なしだが、体力はそこそこあるかも。

f:id:mamatoski:20150203050622p:plain

長女:小学三年生。 スキー・スノボ未経験。雪遊びは2歳のときに山形県蔵王ライザーワールドでそりに乗ったことが一度。 運動神経そこそこ自信あり。しょっちゅう妹に泣かされている。ガラスのハートの持ち主。

f:id:mamatoski:20150203050826p:plain

次女:5歳。スキー・スノボ・雪遊び未体験。 食欲旺盛。韓流ドラマ好き。運動神経は未知数だが逃げ足はゴキブリ並みに速い。

当ブログは一部、アフィリエイトを使用しています。このブログでご紹介した商品についてのお問い合わせは販売元へお願いします。